キャッシングやカードローンのことを調べていると必ずと言っていいほど出てくるのがブラックリストと言う言葉です。言葉だけを見てみるとネガティブな言葉だということだけはなんとなく見当はつくものの正確な意味を知っている人がどのくらいいるのかもよくわかりません。

キャッシングやカードローンでブラックリストは正式に使われている言葉ではありません。キャッシングやカードローンのサービスを提供する金融機関は日本の3つある信用情報機関のどれか、または複数に加盟しています。信用情報機関は個人の信用情報の収集と管理、そして加盟金融機関にその信用情報の提供をする機関ですが、個人信用情報の中で自己破産などの債務整理や返済遅延などのいわゆる金融事故の履歴を記載している異動情報や事故情報と呼ばれるものが一般的にもわかりやすいようにブラックリストと呼ばれているのです。

金融機関は融資の申込みを受けて審査をしますが、その審査の際にもっとも重要視するのが信用情報機関の個人信用情報です。要するにブラックリストに記載履歴があれば、金融機関の審査に通ることが難しくなってくることを意味します。ブラックリストからの記載が削除されるまでなかなか審査に通らないのです。