カードローン利用の目的は引越し資金でした。

当時の仕事は工場でのメンテナンス作業をしており、生産量次第で給料が大きく変動する為、そもそもの基本給が少ない事もあり、毎月安定した月収を得ているとは言い難い状況でした。毎月貯金できるほどの稼ぎではなく、かつ引越しする必要がある状況であった為カードローンを利用して敷金、礼金の支払いに当てがおうとしておりました。

金利の安い銀行系カードローンを利用し、初回30万の借り入れをする事ができました。

消費者金融によく見られる無人契約機があり、電話口の対応も非常に丁寧であった為、安心して借り入れする事ができました。

毎月の最低返済額は同額借り入れした場合の消費者金融と比較してあまり変わりないようでしたので、金利が低いぶんやはり銀行系カードローンを選択して正解だと思いました。しかし、借入額が5万円等少なくなった場合私が利用したカードローンは一万円以上の借り入れに対する最低返済額が毎月一万円の為、消費者金融と比較して毎月の返済額は多めになってしまいます。

最低返済額を低めに抑えたい場合には向いていないと思われます。

すぐにでも借り入れたいとという状況もあると思われますが、先ずは自分の利用目的を明確にして、どこでどれだけ借りて毎月の返済額はどれくらい可能かを試算てた上で借り入れを行う事をオススメします。

後から他で借り入れしておけばよかったという状況をなるべく避けてください。

他社借り換え等も可能ですが、全て信用情報に記録される為、借り入れ件数は今後も視野に入れて少なめに済ませておくほうが良いと考えられます。